ホーム > 修理・調整 / リペアー > ネック折れ

ネック折れ修理

※以下の点にご注意下さい※

ご自身でアロンアルファ等の接着を失敗したものは予めご連絡下さい。
コスト高、又は修理不能の場合もあります。
また、破損した木部も一緒にお持ち込み下さい。

スタンダード・ジョイント

スタンダード・ジョイント スタンダード・ジョイント

上記の写真のように、接着面積が斜めで広く確保できる場合
特殊な手法と強力な接着剤により、補強を入れることなく修理可能です。

塗装なし ¥38,000〜 / 期間:3週間〜

セパレート・ジョイント(分離折れ)

セパレート・ジョイント(分離折れ) セパレート・ジョイント(分離折れ)

お預かりさせて頂いた後に修理可能かを含めてご連絡させて頂きます。

塗装込み ¥54,000〜 / 期間:3週間〜4週間
※上記の修理法では、クラシックギター及びエレキの.010-.046のゲージまでの対応と致します。

エクセス・ジョイント(複雑なネック折れ)

エクセス・ジョイント(複雑なネック折れ) エクセス・ジョイント(複雑なネック折れ) エクセス・ジョイント(複雑なネック折れ) エクセス・ジョイント(複雑なネック折れ) エクセス・ジョイント(複雑なネック折れ) エクセス・ジョイント(複雑なネック折れ)

複雑な折れ方の場合、先にメールで画像をお送り頂き、修理可能かをリペアーマンに確認致します。
お見積りは本体お預かり後となりますこと、何卒ご了承くださいませ。

注意

修理代には、塗装仕上げ、弦張りセッティング工賃が含まれています。
弦は、ゲージをご指定頂ければ、ダダリオ・アーニーボール・マーチン・エリクサーにて対応致します。(持ち込みもOK)
その他の弦をご希望の場合はお持ち込みくださいませ。
またナット交換やフレットの問題などが発生した場合、別途お見積もり致します。
(ネック修理完了後でないと判断できない場合がございますので、予めご了承下さいませ)

修理までの流れ

メールにて折れたネックの画像(ヘッドの表、裏の各1枚程度)とギターの詳細(メーカー・モデル等)や修理歴・折れた状況をお送り下さい。
こちらで確認後、仮見積もりをご連絡致します。(正式なお見積りはお預かり後となりますため、予めご了承下さいませ)
OKであればお持込み、又は宅配便(元払い)でお送り下さい。

1.お支払方法の確認(店頭の場合:現金・クレジットカード それ以外:銀行振込)
2.修理着手(表示している期間はここからスタートとなります)
3.経過、または完了の連絡(追加修理箇所の確認)
4.お支払い確認後、発送

ネック折れの対処

折れた場合は、まず弦を全て緩めて下さい。
破片が有る場合は出来るだけ拾い集めて下さい。(木屑や塗装粉は不要)
折れた部分は、なるべく手を触れずに保管してください。手の油分により接着強度が落ちる場合があります。

発送梱包の注意

ラッカー塗装の場合、ビニール系のエアパッキンがギターに直接触れると塗装が溶けるのでご注意下さい。
弦を外した場合、ブリッジ・テイルピース等がケース内で暴れて傷つきますので、パーツはきちんと包んで下さい。
基本的にハードケースのまま梱包してお送り下さい。ソフトケースの場合、ダンボール箱が必要になります。
梱包や送料に関しては各宅配便会社へお問い合わせ下さい。